--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/08  00:08    夏休みが終わって
気づけば夏休みはインターンシップと企業書生で消えてしまいました。
先週から授業も再開し、久しぶりの授業に四苦八苦しています。
さらに、来週からはテストが始まるということで、いろいろ大変です。


夏休みの後半はずっとインターンの続きで企業書生をやらせていただきました。
インターンの10日は意外と短く、あっという間でしたので、
企業書生という形で継続して続きを行うことができ、とてもよかったです。
実習期間内に設計していた基板が完成前に期間が終わってしまったので、
空いている時間の合間を縫って、家で続きのほうを行っています。
一応、目安の納期が9月いっぱいなので、
テストが終わったら一気にがんばりたいと思います。
早くできるといいですね。

最近は、忙しくなかなかARMやFPGAをいじる時間がとれず残念です。
テスト終わったらこちらもいじれたらいいなと思います。
文化祭も近いので、部として何か出展物を作らないとまずいですしね。
現在はどんなものを作ろうか検討しています。お楽しみに。

日経リナックスを読んでいたら、
SmartQ5という魅力的なデバイスが紹介されていたので、注文してみました。
MIDというUMPCよりも更に小型デバイスの位置づけに分類されるデバイスです。
一番おもしろいのは、Ubuntu8.04ベースのARMで動作するOSを積んでいることです。
Ubuntuベースなので、いろいろなパッケージをインストールすることが可能らしいです。
Ubuntu9.04からはARM版も提供されているので、
純粋なUbuntuもそのうち動作可能かもしれません。
また、OSもAndroidなどをマルチブート可能らしいので、いろいろと夢は広がりますね。
まぁ、日本語化する必要があったり、内臓Flashが1GしかないのでSDで補ったりと、
完璧に初心者には向かなそうなデバイスですが、いじりがいはありそうです。
また届いたら写真でも上げたいと思います。
ただし、届くまでは相当時間がかかるみたいですけど・・・


ちょっとしたおまけ。
ちょっと高性能な小型デバイスがあって、Ubuntuが走っていたらどうなるだろうか?
というのをクラスの友人と語り合ってみたときのメモ。
外見はSmartQ5のようなデザイン。
まず、必須項目として、CompizFusionが動作すること。
とても無駄としか思えないだろうけど、加速度センサを内臓し、
少し大きな振動が加わると、ウィンドウが揺れる。(イメージはCompizの揺れるウィンドウ)
画面の右端から左端に向かって移動させると、Compizのキューブが回転する。逆もしかり。
と、まぁこんな事を話してました。いつかこんなデバイスできるとおもしろそうですね。
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/313-6bf8839d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。