--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/22  21:19    なんとか・・・
休日2日目。
昨日あれだけ無理だと言っていたCPLD-JTAG基板。
あれから試行錯誤してみました。
結果・・・
CPLD-JTAG
CPLD-JTAG基板完成!!!
結局、何とかなりました。
妥協したのは、USB-パラレル変換ICの向きとUSB端子の表側ぐらい。
できれば90度でいれたかったんですが、スペース的にどんなにがんばっても無理だったので、
45度にまわして配線したら、なんか納まりました。
画像だとUSB端子の表側がかなり空いているので、うまく使いたかったんですが、
表のスペースに部品を持っていくと、配線しきれなかったりしたのであきらめました。
今回の鍵は「ビアをどれだけ無くすか」でした。
ビアは学校の加工機の制限上、最低でもこの大きさで作らなければならないので、
この小さい基板でいかにビアを減らしてスペースを作り出すか。それが問題でした。
まぁ何とか入ってよかったです。
ちなみに今回は横をJSTの6ピンコネクタの大きさで縛る設計でした。
今、自分で画像みたら、一箇所怖いところがあったので、後で修正しておきます。


日中時間が少しあったので、
WEBページの方に「プリント基板設計での配線のコツ・注意点」を公開しておきました。
少ししか時間なかったのでまだ項目は2つですが、
時間があったら少しずつ追加していきたいと思います。
よかったら見てみてください。
なんと言っても、せっかく作る自作基板なんだから見た目がよい基板じゃないと。
回路でも見た目は大事。直角で曲がるなんて私はできません。


あと、ここ最近うれしい情報や意見・ご指摘など様々なコメントを頂いてうれしい限りです。
私も人間ですので、コメントいただけるのはとてもうれしく、
またモチベーションアップにつながっております。
ですが、コメントでたまによく内容がわからないものがあるときがあります。
良く分らない内容のときはスパムとみなしたり、お返事に困るので下記の事にご注意ください。

・用件(具体性)のないコメントは基本的に書かない。
(具体性のない内容は避ける。質問なのか感想なのか、指摘なのかなどを明確にする。)

・Secretをつけるコメントをする際は私の知り合いでない限りは連絡先を記入する。
(公開コメントでお返事はできないので、お書きいただいた連絡先へお返事いたします。)

この2点だけお願いいたします。
一般常識をお持ちの人には当然のことだと思いますが、
たまにこの2点にひっかかるコメントをなさる方がいますので、今回書いておきました。
私は公開コメントには公開コメントで、
シークレットコメントにはメールにてお返事を必ず返すように心がけています。
コメントをいただけるのはうれしいので、
コメントはルールを守って遠慮なくしていただければと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/262-2c03ae91
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。