--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/15  01:44    久しぶりの・・・
久しぶりのまともな回路の内容です。

テストが近づいているにも関わらずやる気が起きなかったので、
昔作りかけた液晶駆動回路をもう一度回路図から作ってみた。

ALBIS

両面基板で、線などでのジャンパは無し。
何とかこの大きさに収めました。我ながらよく収まったと思う。
配線がきたないのは仕様。まだ配線の最適化してないので。
縦の大きさは、秋月液晶の縦とまったく同じ大きさになっているので、
液晶の後ろに回路がちょうど隠れるようになったはずです。
VIAが大きいのは、うちの学校の加工機ではスルーホールが作れないのと、
うちの加工機用ドリルの最小が0.8mmしかないから。
外注でスルーホールが作れれば、どれだけ楽なことか・・・。
あと可変抵抗がでかいし、邪魔だし、一番困った所です。
ロボカップのために買ってある面実装の可変抵抗1つもらえるか交渉するかな・・・。
あとコネクタとスライドスイッチもかなり大きい。
コネクタも2.54mmピッチじゃなくて、1.27mmピッチの安いのを探すしかないかなぁと。
製作時間は午後4時からずっとやっていたので、7~8時間程度でしょうか?

簡単にボードの説明。

CPU : ATMEGA128
CLK : 16MHz
DCDC : MAX865 * 2
インターフェース : ISP

こんな感じです。
まあこれができればあとは削るだけなんですが、問題はうまく削れるかどうか・・・。
あと、ロボカップあるので液晶に時間裂くことができるかどうか。
削ってしまえば放課後ロボカップやって、自宅でこっちってのもありですが。
まぁたぶん自宅でもロボカップになる気がします。


最近の記事みて思ったのは、画像とか写真が少ないということ。
もう少し画像や写真で直感的に見れるBLOGにしないとなぁと思いました。
AVR
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/254-89df120f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。