--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前に後日書くと言っていた、詳細な誤動作の調査を行いました。

行ったのは、
・パスコンを抜いて、元の状態に戻す。
・不都合の再現を行う。
・USBのコネクタの根元から、VCCピンまでの電圧降下を調べる。
・PD5でのプルアップを行い、症状の発生の有無を調べる。
です。

先に記述しておきますが、今回は測定を行うにあたり、
測定に便利なのでPCのUSBコネクタからUSB-HUBを接続し、接続を行いました。
USB-HUBを接続したから誤動作が起きているのでは?と思う方もいるかもしれませんが、
PCのUSBコネクタに接続したときも、発生します。
HUBは関係ないことをご理解の上、下記の文書をお読みください。

まず、パスコンを抜いて再現を行い、電圧の降下を調べてみました。
HIDaspx_VCC_電圧降下
USBのコネクタの根元から、VCCピンまで0.5mV電圧降下したようです。
0.5mVの電圧降下程度なら許容の範囲内ですね。
ちなみに、写真では一本単線がでていますが、パスコンにつながっていた線です。
ご心配なく。

USBコネクタの根元からとったGNDとVCCの電位差を調べてみました。
HIDaspx_VCCピン_電圧
電位差は5.012Vでした。
5.012Vなので大丈夫ですね。
心配でしたので、オシロスコープで、VCCピンを見てみました。
HIDaspx_VCC_オシロ
2分程度接続状態にし、ノイズを確認しましたが、ノイズは見られませんでした。
電源の関係は大丈夫そうですね・・・。

次にパスコンを抜いたまま、PD5でD-のプルアップの回路に変えてみました。
結果は、GOODです。改善が見られました。
接続も大丈夫なようです。


とりあえず、結果をまとめてみますと・・・
・電圧降下の可能性は、薄いと思われる。
・ノイズも関係なさそう?
・D-のプルアップをPD5にすることによって改善。
という感じです。

そうなると、通信関係でしょうか?
USBの通信の開始時にうまく開始できなかった?

パスコンなしでD-のプルアップをPD5にしたら大丈夫。
しかし、D-のプルアップをVCCのときもパスコンを入れたら大丈夫。
関係はいったい何なんでしょうか?

とりあえず、言えることはPD5のプルアップのシステムに変わってから、
このような現象の発生は見られなくなった、ということです。
PD5のプルアップを考案したkugaさんに感謝ですね。
多少不鮮明なことはありますが、少しずつ疑問は解消できた気がします。

また時間があれば、もう少し詳しくできればと思います。
ほかに要検証なことがあればコメントに書き残していただければと思います。


~追記~(08/10/16 20:42)

これは可能性であり、私の考えですが、
ライタの電源投入時、マイコンが起動し始め、
一気に電流が流れ、電圧降下が瞬間的に発生したとも考えられます。
よって、正常に起動できず、USBの通信に影響が発生した?
これだと、パスコンを近くにつけることで電圧降下の問題は改善が考えられますし、
PD5のプルアップもマイコンがしっかりと正常に起動してから
USB通信の開始となりますので正常に動作するというわけです。

これが今考えられる正常に動作した条件を2つともクリアする原因かもしれません。
単なる私の考えなので、事実は異なるかもしれません・・・。


~追記2~(08/10/16 21:44)

senshuさんのページにて、このようなコメントをいただきました。

>PD5のプルアップは、RESET(BODを含む)時にUSB通信を再接続する工夫です。

>つまり、電源が不安定な時に機能する仕掛けです。PD5で効果がある、というのは
瞬間的に電圧が低下することがあるのだと思います。

>多少大きめ(10uF以上)の電解コンデンサを実装した回路にISPコネクタを繋いでも
似た現象が起きる可能性があります。

>これらを状況を総合して考えると、原因は明らかだと思いますよ。

PD5への接続にはUSBの再接続を行う事も可能にしていたのですね。
これで原因はほぼ追記のほうで記述した内容の可能性が高くなりました。
断定はできませんが、PD5でのプルアップにて
ほぼ今回の誤作動が解決されていたと言ってもいいと思います。
これで一安心ができそうです。
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/231-9d5c054d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。