--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/09  23:58    Arduinoを作る - 1
昨日紹介したArduinoですが、部活のわ・ずかな・時間を・みつけて作りはじめました。(ぁ
今回製作し始めたのは、シリアルポートタイプのArduinoです。
公式サイトにはちゃんとEagleの回路図と基板データが配布されており、
自分で編集することも可能です。
今回はそれを参考に自分でEagleを使用し、回路図を作ってみました。
変更したところとしては、RS232からTTLへのレベル変換を、
配布されているデータではトランジスタを使用してしていますが、
今回は秋月で買える、ADM3202レベル変換ICに変えました。
またレギュレータもあのような大きいのは場所もとりますし、必要ないので、
こちらも秋月の5V低ドロップレギュレータuPC29M05という表面実装型のレギュレータに変更しました。
レギュレータの発振回避&安定用のコンデンサも秋月の100uFチップセラコンに変更したので、
基板の表には降圧回路は見えなくなりすっきりしました。
あと、Dサブ9ピンを配置すると大きくなるので、部活で使用しているステレオジャックを使用して、
シリアル通信部も小型化しました。
IOポートの配置は配布されている基板と同じ配置になるようにしました。
IOポートの出力ピンソケットは1列から2列にしてみました。といいますか、2列しかなかったので。
LEDは電源LEDとスイッチで13ピンにショートできるデバック用LEDの2つを搭載しました。
とりあえずこんな感じです。
Arduino1

たぶん配布されている基板よりは小さくなったかな?
ロボカップのロボットの製作の合間を縫ってこちらも完成させたいと思います。
ちなみに、写真が自作Arduinoの表側です。
たぶん完成してもこの表側はほとんどもう変化はしないと思います。
今、裏側はまだ電源周りしか配線されていません。
完成すれば春休みは退屈せずにいられそうですね!
完成が楽しみです。
AVR
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/169-79e42d5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。