--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/21  21:21    さて、最近の部活動
年も明けて、だんだんロボカップが近づいてきましたね。
さて、そろそろ仕様も決定してきました。
結局、マイコンですが、当初の予定では、Digi-keyで購入した、PLCC型ATMEGA8515で行うつもりでしたが、
やはり8Kバイトのフラッシュメモリでは厳しいとの判断で、
去年大会前日にお亡くなりになって、地獄の移植作業4時間を味わった、ATMEGA128を使用したいと思います。
今考えてもよく4時間でH8/3664に移植できたなぁとw(ハード・ソフト両方)
現在の私ではたぶん無理ですね(ぁ
というわけで、まあATMEGA128を使用するわけですが、
どんな感じで使用するかですね。
去年は、アイテムラボでピッチ変換基板を購入し、使用しましたが、
今年は、どうしよう・・・
というわけで、いろいろググってみました。
結果は、やはりATMEGA128の使用者の多くはBesttechのマイコン基板ですね。
たしかにとてもいい基板だと思います。SRAMも搭載してますし、ぜひ購入してみたい基板ではありますね。
しかし、やはり4500円。去年の教訓から、予備もぜひ欲しいところ。9000円は大きな出費ですね。
というわけで、保留。
共立でATMEGA128のブートローダー搭載のマイコンボードも最近発売しましたね。
見てみましたが、一目見た感想は、「長い」でした。
32本のピンが一列にならんでおり、それが2列もあるわけです。
なんといいますか、とてもダサい?(ぁ
部長にこれを見せましたが、これだろう!といっていました。
部長曰く、「液晶はワイドの時代だ!だからマイコン基板もワイドの時代だ!」みたいなことを言ってました。
なんといいますか、美的センスからしていいますと、やはりBesttechのような、
ボードが3:4の比率のマイコンボードが美しいと思いませんか?
(まあマイコンボードに美を追求するのもおかしいきはしますがw)
という身勝手な理由で却下。あと3900円だったのでやっぱり高い気はしましたしね。
あと、もう一つ、ATMEGA128のマイコンボードの基板だけ売っているところがありました。
基板は一枚400円ととても安価です。
しかしこれも共立と一緒でとても長く、とても使いずらそうです。
あと、ミスが何箇所かあり修正しなくてはならないとのこと。
これもそんな理由で却下。
あれ、選択肢がもう無いw
さあどうしようかと悩んだ末、私が出した結論は・・・
「無いものは作ってしまえ!」でしたw
というわけでこの土日で早速マイコンボードの製作に取り掛かりました。
自分なりに回路を考えてみましたが、結果はみごとに失敗。
こんなのを配線できるかぁ!と投げ出しました。
そんな時、考えてみたらBesttechのマイコンボードの取り扱い説明書に回路図がご丁寧に書いてあるじゃないか!
というわけで、参考にしながら回路図を作ってボードにしてみると、
これはすごい綺麗に最適化された配線!
あとは自分で配線するだけです。
というわけで現在試行錯誤中の基板がこちら。
MEGA128

できた基板は、学校にありながらまだ一回も使ったこと無い、基板削り器で削ってみたいと思います。
自作の基板なので、できばえはそこまで期待はできませんが、やはり3:4ぐらいの比率の基板はいいものですね。
残念なことは、スルホールが学校の設備じゃ無理なため、両面基板にすることができません。
よって現在のところ、4本ほど基板の上を単線が這う事になりそうです。
そこは少し悲しいですが、自作基板で4本だけのジャンプで済んだのはよかったです。
なんせBesttechの回路を写して、自分で配線しただけなので、大きな声では言えませんね。
とりあえず基板だけは注文することに。
基板は今回PCBマテリアルで注文しました。
とにかく基板が安い!まあ感光基板ではないので、基板削り器が必須ですけどね。
ガラスエポキシの両面基板と片面基板(両者とも100*100mm)を10枚ずつともう2枚買ったのですが、
なんと送料、振り込み手数料をいれても2101円で済みました!
これは安い!
ぜひ基板削り器のような機械が使える環境にある方は、こちらで基板を注文してみては?
とりあえず今の経過はこんな感じです。
これからもう少し基板の見直しをしたいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://amenotiyukizora.blog76.fc2.com/tb.php/158-995c0d18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。