--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/24  22:54    日帰りトンネル駅巡り
最近あるきっかけで鉄道熱が復活してきたので、青春18切符の残りを有効活用しようと思い、
新潟・群馬へ日帰りでトンネル駅巡りをしに行ってきました。

最初は土合駅が有名でそこしか知らなかったのですが、
調べてみるとあの辺はいろんなトンネル駅があることがわかり、
あの辺にある4駅のトンネル駅に行ってみることにしました。
行ったのは、筒石・美佐島・湯檜曽・土合です。
入念に計画をねった結果、なんとか1日ですべての駅を回りきれそうだったので、
実行に移してみました。

今回も写真が多いためアルバムにしたので、下記のURLから御覧下さい。
http://picasaweb.google.co.jp/RAIN.yukizora/DbRqJF#

長野から直江津を経由して富山方面へ。直江津から西へ行った4駅目が筒石です。
ここは今回行ったトンネル駅4つの中で唯一の有人駅です。
駅員さんがホームにある手すりについた水滴を吹いている姿が印象的でした。
線路は複線で、ホームが上り線と下り線と交互に設置されています。
P1000714_convert_20100324215434.jpgP1000729_convert_20100324215452.jpg

この後一回直江津駅を経由し犀潟駅でほくほく線に乗り換えて、
2つ目のトンネル駅である美佐島駅を目指しました。
この美佐島駅はおもしろい駅で下車後2分以内にホームから立ち去らなければなりません。
ホームには監視カメラが設置され、2分以上するとスピーカーで警告を受けるそうです。
しかも一度ホームから出てしまうとホームに入れるのは停車する電車が来た時だけなんだとか。
なぜこのように厳しいのかというと、この線路を「はくたか」という特急が
最高時速160kmで通過するため、ホームにいると吹き飛ばされてしまうからだそうです。
駅舎はまるで公民館のような建物で、周りには道路と川と変電所のみであとは何もありません。
辺は静かで、とても綺麗な畳敷きの待合室がよかったです。
P1000779_convert_20100324220305.jpgP1000786_convert_20100324220332.jpg

そして、ほくほく線で六日町駅まで行ったあとはまたJRに乗り換えて、
湯檜曽駅に向かいました。この湯檜曽駅は土合駅の1つ南の駅で、
土合駅同様に下り線ホームのみトンネル駅になっています。
ここまでくる時にはめずらしいループ線があり、なかなか面白かったです。
また、前までは大きな駅舎があったのですが、無人化の波とともに
駅舎が建て替えられ、とても小さな駅となってしまいました。
時間があったので湯檜曽の温泉街を歩いた時に
まだ営業している商店があったので、寄ってみたのですが、
とても愛想のよいおじいさんが経営なされており、
「電車が好きでいろんな駅を回ってるんです」とお話したら、
上越線の成り立ちとループ線の成り立ちをお話してくださいました。
とても面白い話だったので続きを読むの方に書いておきます。
P1000810_convert_20100324221758.jpgP1000844_convert_20100324221852.jpg

そして、下り線から土合駅に向かいました。
土合駅はテレビなどでたまに取り上げられているので知っている方も多いかもしれません。
下り線ホームから地上の駅舎まで486段の階段が立ちはだかり、約10分の時間を要します。
駅舎でもはやおやつの時間となってしまった昼飯を食べていると、
大型バスが来たので何かと思ったらツアーの目的地のひとつにこの土合駅が入っているようでした。
ガイドさんに連れられて土合駅の階段へ向かうツアー客。なんとも勇ましい。
無人駅なので、お金を払うことなく車で来てホームまで降りてみることも可能です。
P1000977_convert_20100324223157.jpgP1000980_convert_20100324222944.jpg

そして、普通列車で長岡まで行った後、快速くびき野に乗って新井まで行き、
終電の普通列車で長野へ帰りました。
なかなかハードな1日でしたが、4つのトンネル駅が巡れてよかったです。
同じトンネル駅でも、それぞれの駅が特色をもっており、飽きることはありませんでした。
ぜひ時間がある方は行ってみると面白いと思います。
ちなみに長野から行く人は始発で出発して終電で帰ることになるので、
覚悟して行った方がいいです。

続きに先程の商店のおじいさんのお話を書いておきます。
興味がある方はどうぞ。
続きを読む
スポンサーサイト
2010/03/19  21:32    善白鉄道跡巡り
たぶん善白鉄道と言っても、もう分かる人が相当少なくなっただろうこの頃ですが、
善白鉄道跡巡りをしてきました。

たぶん知らない人が多いと思うのでちょっと説明しておくと、
昔、白馬と長野を鉄道で結ぼうという計画が立てられ、作られたのが善光寺白馬電鉄です。
と言っても、白馬まではもちろん開通せず、善光寺温泉の辺まで開通したとても短い鉄道でした。
本当は白馬まで行く予定だったのですが、太平洋戦争に突入し休止せざる得なくなりました。
そして、戦争が終わったあと、復旧するかに思われたのですが、
裾花ダムの建設が決定し、廃線になってしまったという路線です。
レールなどが取り外されましたが、今も所々に面影を残しているということで、
自転車に乗って(所々自転車を押しながら歩いて)見に行ってきました。

写真が多いので、Picasaにアルバムとしてアップロードし、
写真を撮った座標と写真についてのコメントを入れてあるのでそちらを御覧下さい。
http://picasaweb.google.co.jp/RAIN.yukizora/pKIhqE02#

特に気に入った写真をBLOGでいくつか紹介します。
P1000651.jpg
これは見たことがある人が多いかもしれない裾花川にある橋脚です。
橋は取り外されてしまいましたが、橋脚だけは以前とそこにあり続けています。
この上には国道406号線の高い橋があるので、そこから覗くと見えると思います。

P1000653.jpg
これが善白鉄道の第一隧道入り口です。
既に崩落が始まっているので近づきすぎには注意です。
結構わかりにくいところにあるので、たどり着くにはそれなりの覚悟で行ってください。

P1000659.jpg
第二隧道入り口です。
ここは道さえ知っていれば比較的簡単にたどり着けます。
中には怖いので入ってません。

P1000672.jpg
第三隧道出口です。
ここも道路から見えるので、知名度は橋脚の次ぐらいに高い気がします。
ただし、川の対岸にあるためたどり着けません。なので道路側からの撮影です。

P1000700.jpg
第四隧道前の橋脚です。
なかなかいい場所で見れないため、遠くからのズームになります。

とりあえずこんな感じでいろいろ見てきました。
自分も少しは知っていたのですが、まさか4つもトンネルがあるとは知りませんでした。
あと5枚目の橋脚の存在も知りませんでした。
やっぱり実際に行ってみるものですね。楽しい時間が過ごせました。
最後は田んぼや果樹園がある中の道でお弁当を食べて帰ってきました。
興味を持った方はぜひ見に行ってみるといいと思います。
2010/03/12  22:04    東京世間知らずの旅
さて、今年も進級が決定したようなので、
無事に春休みになりました。
まぁ就活で休んではいられないのが現状ですが・・・。

さておき、所用で東京に行くことになり、行ってきました。
春休みで時間が一応あるということと、ちょうど販売している時期なので、
青春18切符を購入し、各駅停車・快速の電車だけで行ってきました。
長野から片道6時間ほどというなかなかの長旅です。
2泊3日で行ったのですが、宿泊はロボカップのつながりで
M&Y家にお邪魔してきました。M&Y父さんのBLOGはこちら
本当に2日もお邪魔してしまい感謝するばかりです。
ロボカップレスキューのお話などをお聞きできたので、いろいろ勉強になりました。

1日目はれむ工房にお邪魔して、
ALTERAのFPGA・CPLD開発環境であるQuartus IIの使い方を教わってきました。
やはり実際に使っている方に実践を踏まえながら教えていただくのが一番わかり易いですね。
なんでQuartus IIの使い方を教えていただいたのかというと、
最近、ALTERAのCyclone IIIが乗った開発ボードDE0を購入したためです。
たぶん明日あたりに届くはずなので、春休みはこのボードをいじろうかと思っています。
他にもいろいろなボードを放置してしまっていますが・・・。まぁそれもそのうちに・・・。

2日目は、なんと!AVRをやるきっかけになったと言っても過言ではない、shokaiさんとお会いしました。
と言っても、まだAVRの情報が少ない頃、shokaiさんのBLOGのAVRのプログラムを
私が勝手に参考にさせていただいていたというのが始まりだったのですが、
今回いろいろありまして一緒にお昼をご一緒することができました。
一人で喜びのあまり舞い上がってしまい、空回りしてしまった感がありますが、
とても有意義な時間でした。

3日目は用事があったので、それを済ませて長野まで帰ってきました。

以下は東京で撮った写真をいくつか。

SN3K0415.jpg
上野にある東京メトロ銀座線唯一の踏切です。
この踏切の面白いのは電車の通る方にも遮断機といいますか壁があること。

SN3K0416.jpg
秋葉原の電柱です。別に何の変哲もない電柱ですが、
住宅街などに比べると電線の太さ、本数ともにすごいことがわかります。
もっとすごい所があったのですが、人通り多かったのでやめました。

SN3K0417.jpg
秋葉原方面から御茶ノ水方面へ歩く途中の線路。
個人的にこうゆう写真が好きなので。

SN3K0419.jpg
御茶ノ水駅の上にかかる橋からの写真。奥が秋葉原です。
3つの路線が重なり合っているという結構電車好きにはたまらない1枚。
ちょうど2方向から電車が来ていたので撮ってみた感じ。
残念ながら東京メトロは同時に来てくれなかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。