--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/25  01:58    WIZ200WEB試用記3
さて、2回目に引き続き自分でsocket.cやw5300.cをひたすら書いてました。
残念ながら今日もまだ通信できていません。

とりあえずsocket.cは必要最低限書き終わり、
w5300.cはほぼ書き終わったので、
エラーをつぶしてデバッグしていました。
とりあえずエラーはなくなり、実機に入れて試していますが、
まだうまくいっていないようです。

明日からは少し忙しくなるので、
プログラムは書けなくなるかもしれませんが、
たぶん金曜日からはまた続きができると思います。
スポンサーサイト
2010/01/24  04:02    WIZ200WEB試用記2
さて、2日目はUDP通信を目標にしていましたが・・・
残念ながらプログラムを書いているだけで終わってしまいました。

通信自体はそこまで難しいわけではないのですが、
アプリケーションの下のsocket.cやw5300.cなどを
自分でサンプルを見ながら書いているので、
終わる気配がありません・・・。
まぁサンプルをコピーすれば楽なんですが、
スキルアップも目的なので、自分でできる限りは書いてます。
おかげでぜんぜん進みませんでしたが。

現状としては、socket.cのUDP通信に必要な関数がほぼ完成し、
これからw5300.cにそれぞれのレジスタにアクセスする関数を
記述し始めるというところです。

ソケット通信があんなに簡単にできるのも、
こういった下層のモジュールが面倒な処理を隠蔽している
からこそであるというのが実感できた気がします。
明日も続きをがんばって書こうと思います。
2010/01/23  04:08    WIZ200WEB試用記1
最近、ストロベリーリナックスでWIZ200WEBという
ATMEGA128+W5300+SRAM32KB+FLASH512KBを
搭載したボードが発売されました。
値段は4300円とこれだけいろいろ乗っているにしては安いですし、
TCP/IPコントローラのW5300とSRAMはバス接続になっており、
今まで一度も使ったことがなかった外部バスインターフェースを使う
いい機会になりそうだったので購入しておきました。
やっと時間ができたので、少しずついじっていこうと思います。

まず、適当に回路を作っていきます。
といっても、ボード上に必要な部品はほぼ乗っているので、
3.3Vレギュレータと電源コネクタ、ライタ接続用のコネクタなどを乗せて、
配線したボードを製作しました。
SN3K0367.jpgSN3K0368.jpg

電源供給と書き込みさえできればあとはプログラムの製作です。
もともと、WEBサーバとしての動作ができる面白いボードですが、
今回は、自分のスキルアップとバスの試用、ソケット通信の試用などが
使用目的なので、サンプルは使いません。
まず、ライタでATMEGA128のヒューズをみてみると工場出荷時の状態ではなく、
しっかりとWEBサーバ動作に適切なヒューズ状態が設定されていました。
なので今回はヒューズの設定はいじっていません。

とりあえず今日の目標は、
「イーサネットに接続し、PCからpingを叩いて応答させる」にしました。
結構厄介に聞こえますが、初期設定ができてしまえば
W5300が勝手にpingに応答してくれるので、そこまで難しくはありません。
要するに、ATMEGA128の外部バス出力を行って、W5300の初期設定を行う
という内容です。
W5300で検索すると、あまりいい情報は出てきませんが、
ほぼW5100と一緒なので、W5100について調べたりすれば
それなりに情報が手にはいると思います。
今回参考にしたのは、WIZ200WEBのWEBサーバファームウェアのソース、
Interface2009年12月号プログラム、トランジスタ技術2009年3月号プログラムです。
初期設定に最低限必要なのは、AVRの外部バス出力を有効にすることと、
W5300にMACアドレス、ゲートウェイアドレス、サブネットマスク、IPアドレスを
レジスタに書き込むことです。
続きを読むの方にプログラムは記述しておきました。
見たい人だけ見てください。

この初期設定ができたら、PCからコマンドプロンプトを使用して、
このボードのIPアドレスにpingを送ってみます。
SN3K0369.jpgping.png

ここでちゃんと応答が返ってくれば正常に動作していることがわかります。
結果、画像のように正常に動作を確認できました。

いろいろと初めてのことばかりなので、
調べるのに時間はかかってしまいましたが、
プログラムは簡単に書くことができました。
土曜日は本題のソケット通信の方をやる予定です。
続きを読む
2010/01/22  03:00    サボりだすととまらない
TwitterとかでつぶやいてるとBLOGの更新が減ってしまって困りますね。
今日はとりあえず、家のネットワークの話。

そろそろ家のルータが時代遅れな感じになってきたので、
ルータを買い換えました。
今まで使っていたのはバッファローのWZR-HP-G54です。
電波が強力を謳って発売されたルータの初期型?です。
購入した2004年当時は2万円ぐらいした覚えがありますが、
今は1万円以下でこのルータよりも
いろいろと性能が上がったルータが買えてしまうので
すごい時代になったなぁと驚くばかりです。
買い換えたのはバッファローのWZR-HP-G300NHです。
強化された点としては、
・ギガビットイーサに対応
・無線の11nに対応
・裏にUSBポートがあり、USB-HDDなどを繋げばNASにできる
他にもありますが、大まかにこの辺りが挙げられます。
デザインも悪くないですし、価格も約9000円と、とても安いです。

せっかくNASの機能もついているので、
あわせてUSBのHDDも購入することにしました。
いままではバッファローのLinkStationのコレもかなりの初期型?で
容量が120GB。2004年当時で22000円したのを覚えています。
ただ、容量があまりないので、もう既に容量いっぱいの状態です。
新しく買うHDDは取り合えずテラクラスがほしかったので、
価格.comのレビューを参考にしつつ、静音に定評のあるWD10EADSに。
HDDケースはGW3.5US-PSU/CBにしました。
メーカーの外付けHDDでもよかったんですが、
外装が黒でアルミ製のケースがほしかったという理由で別々に購入しました。
実際に今日届いて使っていますが、HDD音が怖いぐらいしません。
ケースに耳を近づけるとやっと聞こえる程度です。
これにしてよかったと安心しています。

とりあえず今のネットワーク系の写真をぺたり。
NETWORK
これで、また数年間は買い換える必要なく使えるでしょう。
しかし、この2つを新しくしても2万を切った金額で買えてしまうので、
技術の進歩と価格の変動はすごいなと改めて感心しました。
あけましておめでとうございます。
今年もこのBLOGをよろしくお願いします。

今年は就職活動の年になりそうです。
まぁまずは進級なんですけどね・・・。

日曜日には成人式を控え、
2月にはついに二十歳になってしまいます。
子供と言われる年齢の間に、
今思えばやり残したこと多かったなと。

なにはともあれ、
今年1年いい年になりますように!







続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。