--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/31  00:54    ATMEGA128自作基板完成
先日から製作していたATMEGA128の自作基板ができました。
ATMEGA128自作基板_1

とりあえずこんな感じ。
汚いのは仕様です。自作なのでご勘弁をw
ホントは単線で飛ばしたりしたくないんですが、
片面基板のため、どうしようもないです。
ほんと基板削り器様様ですね。
取り合えず動くかチェックしてみると、
ちゃんと動きました!
これでATMEGA128でも回路がまた組めますね。
去年も使いましたが、やっぱり高性能なAVRはいいですね。
接続確認が終わったらまずするのは、内蔵クロックを1MHzから8MHzへ上げました。
後、基板上には、クリスタルも実装できるようになっているので、
必要とあれば16MHzのクリスタルを実装できます。
今はまだ16MHzのクリスタルを買ってないので、とりあえず内臓8MHzで動かします。
もう一つ。これは私も前回使ったときにはまったことですが、
ATMEGA128は工場出荷時にはATMEGA103互換モードがONになっています。
ATMEGA128の本領を発揮させるにはOFFにしなくてはなりません。
AVRSPXから特殊ヒューズビットの互換モードのビットをOFFにしましょう。
そうすることによって、互換モードがOFFにできます。
あと、配線時の注意ですが、書き込む際に使うピンにも注意です。
SPI通信用のMOSIとMISOにいつも通りつないでも動きません。
UARTのTXD0とRXD0がそのピンですので、
しっかりとPDFでメモリプログラミングの項目をチェックしたほうがいいと思います。
まあこんな感じです。
早速ロボカップのために作っていたメインボードに載せてみました。
ATMEGA128自作基板_2

マイコンボード上にはPG4で制御できるように、チップLEDも一個搭載しました。
とりあえず、今回は動作確認のために、
このLEDを1秒ごとに点灯・消灯を交互に繰り返すプログラムを入れて見ます。
昔作ったATtiny45用のタイマ関数を流用して、
ATMEGA128のタイマ0で動くようにタイマ関数を作りました。
書き込んでみると、ちゃんと動作しました!
(上のは画像なので、点滅してるようには見えませんがw)
明日はもう少し動かしてみたいと思います。
また、ロボットの方も3月2日のノード大会に向けてどんどん作りたいと思います。
スポンサーサイト
AVR
2008/01/24  00:44    さて、ビックニュース?
さて、もうすぐ1月も終わりですね。
早いものです。
さて、早速ですが、ちょっとしたニュースをば。
なんと!長野で行われなかった、ロボカップジュニアセカンダリ長野ノード大会が実施されるようです。
場所は、うちの学校みたい。
ノード長はうちの部活の顧問の先生。
やってくれますなぁ・・・
詳しくはわかりませんが、とりあえず予定は3月2日とのこと。

あれ?

間に合わない?

気のせいと信じて、今日もせっせと部活に取り組みたいと思います。
早くATMEGA128のマイコン基板も作りたいんですが、
基板が届かないのと、基板削り器が31日にやっと使えるみたいです。
遠い・・・
果てしなく遠いですね。
急がないと。
2月は、誕生日に、テスト・・・
今回のテストはちゃんと勉強しないと、やばそうなので、なかなか忙しいですね。
大会は、どうなることやら・・・

今日はこの辺で寝ます。おやすみ~。

P.S.
ドラクエ3のアレフガルドのフィールドBGM「広野を行く」にはまりました。
2008/01/21  21:21    さて、最近の部活動
年も明けて、だんだんロボカップが近づいてきましたね。
さて、そろそろ仕様も決定してきました。
結局、マイコンですが、当初の予定では、Digi-keyで購入した、PLCC型ATMEGA8515で行うつもりでしたが、
やはり8Kバイトのフラッシュメモリでは厳しいとの判断で、
去年大会前日にお亡くなりになって、地獄の移植作業4時間を味わった、ATMEGA128を使用したいと思います。
今考えてもよく4時間でH8/3664に移植できたなぁとw(ハード・ソフト両方)
現在の私ではたぶん無理ですね(ぁ
というわけで、まあATMEGA128を使用するわけですが、
どんな感じで使用するかですね。
去年は、アイテムラボでピッチ変換基板を購入し、使用しましたが、
今年は、どうしよう・・・
というわけで、いろいろググってみました。
結果は、やはりATMEGA128の使用者の多くはBesttechのマイコン基板ですね。
たしかにとてもいい基板だと思います。SRAMも搭載してますし、ぜひ購入してみたい基板ではありますね。
しかし、やはり4500円。去年の教訓から、予備もぜひ欲しいところ。9000円は大きな出費ですね。
というわけで、保留。
共立でATMEGA128のブートローダー搭載のマイコンボードも最近発売しましたね。
見てみましたが、一目見た感想は、「長い」でした。
32本のピンが一列にならんでおり、それが2列もあるわけです。
なんといいますか、とてもダサい?(ぁ
部長にこれを見せましたが、これだろう!といっていました。
部長曰く、「液晶はワイドの時代だ!だからマイコン基板もワイドの時代だ!」みたいなことを言ってました。
なんといいますか、美的センスからしていいますと、やはりBesttechのような、
ボードが3:4の比率のマイコンボードが美しいと思いませんか?
(まあマイコンボードに美を追求するのもおかしいきはしますがw)
という身勝手な理由で却下。あと3900円だったのでやっぱり高い気はしましたしね。
あと、もう一つ、ATMEGA128のマイコンボードの基板だけ売っているところがありました。
基板は一枚400円ととても安価です。
しかしこれも共立と一緒でとても長く、とても使いずらそうです。
あと、ミスが何箇所かあり修正しなくてはならないとのこと。
これもそんな理由で却下。
あれ、選択肢がもう無いw
さあどうしようかと悩んだ末、私が出した結論は・・・
「無いものは作ってしまえ!」でしたw
というわけでこの土日で早速マイコンボードの製作に取り掛かりました。
自分なりに回路を考えてみましたが、結果はみごとに失敗。
こんなのを配線できるかぁ!と投げ出しました。
そんな時、考えてみたらBesttechのマイコンボードの取り扱い説明書に回路図がご丁寧に書いてあるじゃないか!
というわけで、参考にしながら回路図を作ってボードにしてみると、
これはすごい綺麗に最適化された配線!
あとは自分で配線するだけです。
というわけで現在試行錯誤中の基板がこちら。
MEGA128

できた基板は、学校にありながらまだ一回も使ったこと無い、基板削り器で削ってみたいと思います。
自作の基板なので、できばえはそこまで期待はできませんが、やはり3:4ぐらいの比率の基板はいいものですね。
残念なことは、スルホールが学校の設備じゃ無理なため、両面基板にすることができません。
よって現在のところ、4本ほど基板の上を単線が這う事になりそうです。
そこは少し悲しいですが、自作基板で4本だけのジャンプで済んだのはよかったです。
なんせBesttechの回路を写して、自分で配線しただけなので、大きな声では言えませんね。
とりあえず基板だけは注文することに。
基板は今回PCBマテリアルで注文しました。
とにかく基板が安い!まあ感光基板ではないので、基板削り器が必須ですけどね。
ガラスエポキシの両面基板と片面基板(両者とも100*100mm)を10枚ずつともう2枚買ったのですが、
なんと送料、振り込み手数料をいれても2101円で済みました!
これは安い!
ぜひ基板削り器のような機械が使える環境にある方は、こちらで基板を注文してみては?
とりあえず今の経過はこんな感じです。
これからもう少し基板の見直しをしたいと思います。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
より一層AVRマイコンについて書いていきたいと思いますので、
どうか温かい目で見守ってくれるとうれしいです。

はい、ということで、今年初めての記事です。
なんでこんなに遅い更新かといいますと、
ホントは7日と9日に書いたんです。
7日は噂のデスクで書いてて、途中でフリーズして消えたのでやめて、
9日は書き途中でWindowsアップデートでミスって再起動して消えたのでやめて、
こんな日にちに。
ひどいですね、はい・・・
こんな調子ですが今年もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。