--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/20  21:52    一つ思った
まあSIXAXISを買ったわけですが、
一つ思ったことが

PS3が発売してもう10ヶ月・・・
PCとSIXAXISを接続する方法が見つかってからも10ヵ月・・・
そろそろBluetoothつなげないのかなぁ
まあ贅沢はいえませんが、あれからもう少しで1年。
LinuxでBluetooth接続して制御してる動画はあがってたりしますが、
依然としてBluetoothでゲームコントローラーとして使用はできないようです。
やはり困るべきはSonyが考え出した、USBによるBluetoothのペアリングですか。
なんとかそこをできないのかなぁ・・・

あと、USBで加速度と回転のセンサーって読み込めないのかな?
うちの学校でロボコンしてるすごい先輩がH8マイコンでUSBホストして
調べた話では、ちゃんとUSBでも加速度などの信号は着てるとのこと。
また、センサーの傾きによる数値の変化率はかなり少ないらしく、
よくこれでゲームでちゃんと使えてるなぁと関心していらっしゃいました。

せっかく買ったSIXAXISですが、
Bluetoothもダメ
加速度・回転センサーもダメ
ってこれじゃあただの軽いコントローラーじゃんw
って思えてくるわけですw
だれかSIXAXISの本気を見せてくれないかなぁ・・・
解析してる方、がんばれ!
私は応援してますw
スポンサーサイト
2007/09/19  21:30    SIXAXISをPCに繋いで見た
別にサボってたわけじゃないですよ?
うん・・・
たぶん・・・
ごめんなさい・・・

まあやっと書くネタができたのでw
明日からテスト?なんのことでしょうw

うちの部の一種のバカ部長がMacにWiiコンを繋いで遊んでたので、
Wiiコンなんて使えるかぁ!!!と思い、
じゃあこっちはPS3だってことで、SIXAXIS買いましたw
昨日の授業中に、「あっ!やっぱりほしいな」と思いついてしまったので、
すぐに買いに行くことに。
学校が4時に終わって、そのまま電気屋さんへ
学校が市街地の北東にあって、目標の電気屋さんは市街地のずっと南の方に。
でも行きましたよwついたのが4時50分。
あれ?50分もこぎつづける羽目にw
なんでそんな遠くの電気屋さんへいったかといえば、
ポイント溜まってたんで、それで買うためです。ええ。
おかげで全部ポイントで買ったので、タダですw
最初に店員さんに、「SIXAXIS(シックスアクシス)ありますか?」
と聞くと、とっても頭の上に「?」を出していたので、
「PS3用コントローラーなんですが」って言ったら、
「純正ですか?」って聞かれたので、
「はい」って答えたら買えましたw
SIXAXISじゃなかなか通じないのか・・・
家に帰ってくるのにまた30分かかりましたが・・・

さて、さっそくFEZで使うために、開けてみました。
中には、ホントSIXAXISだけ入ってます。
4500円もしたんだから、USBケーブルぐらいつけろぉ!!!と思いましたw
持った感じはとにかく軽い。R2とL2ボタンがキモイ。そんな感じかな?
ここに充電池とか入ってるとか感じさせませんねw
さて、手持ちのケーブルでおもむろに接続してみます。
認識し、勝手にドライバも入って準備完了になりました。
コンパネのゲームコントローラーで確認。
もちろんこのままでは使えないのは知ってます。
PCで使う方法はこちら参照。
PLAYSTATION3のSIXAXISをWindowsPCでつかう
自分もはまった注意点ですが、
libusb-win32-filter-bin-0.1.10.1.exeをインストールするわけですが、
このフィルタドライバはすでに最新版が存在します。
libusb-win32-filter-bin-0.1.12.1.exeですが、これを入れてもうごきません。
最新版をいれても動かないので、ちゃんと0.1.10.1入れましょう。
0.1.12.1入れてしまって動かなかったのですが、
もしミスっていれてしまった方はこちらを参照して、0.1.12.1のドライバを削除しましょう。
教えて!goo SIXAXISをPCで使いたい
あとは先ほどのページの通り、スペシャルリクエスト送信プログラム起動して、
送れたら、PSボタン1回押すと使えるようになります。
やっぱり軽いっていいですねw

さて、まあそんな感じです。
テスト終わったら、またバリバリ書きますよたぶんw
あと、部活も再開しますので、ロボカップのマシンとともに、なんか文化祭にむけて、
小さいロボットでも造ろうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。