--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/31  17:48    ATMEGA128*2を買ってみた
というタイトルの通り、ATMEGA128を2つも秋月で通販してしまったわけです。
850円*2=1700円 マジですか・・・。
しんどいなぁ・・・。
しかもそこに、DC-DCコンバーター(300円)に、
丸ピンの両端オスピン40P*2(200円*2)で、
えーと・・・、2400円ですか・・・。
そこに、送料も入るから・・・、
( ̄△ ̄;)エッ・・?マジかよ!?

って感じで財政破綻気味です・・・。
まあ何とか4月のお小遣いを回せば・・・。
なんで丸ピンがこんなに高いんだよ!?DC-DCよりも高いし・・・。(泣

なんせATMEGA128が大会出発前日に壊れるもんだから、
もう心配で心配で2個も買ってしまった・・・。
ピッチ変換基板は今使ってるのともう一枚あるから一応は大丈夫だけど・・・。
問題は、壊れたATMEGA128の石をピッチ変換基板からどうやってはずすかですよ。
半田吸い取りワイヤーでなんとかなるかなぁ・・・。
まあそれは届くまでわかりませんね・・・。

それはさておき、
またゲーセンに行ってきました。(*^ー゚)b
まずは簡単にPinkRoseを5keyだけ入れてやって、
その次が問題です。
オートスクラッチをいれずに、
そのままCROSSROADをやってしまったわけですよ。!Σ( ̄□ ̄;)
あせったあせった。
なんとかクリアしましたけどね。
そういえば最近、RightStory出ないなぁ。
というか、一回しか出たことが無い・・・。
やっぱり何か出し方があるのかも知れませんね。

外は暗くて雨が降っており、
しかも雷付きで。
ピカピカ光るわ、ゴロゴロいうわ恐ろしいのなんのって。
しかもさっきより光るのと音が近くなってきた。
ってことは近づいてきてるのか。
家の近くに落ちてほしくないなぁ。
PCがあるからね。

さてそろそろ宿題でもしようかな?
あと5日しかないし・・・。
間に合うかなぁ・・・?
スポンサーサイト
2007/03/30  13:31    おみやげもらったので
先日、部活仲間のF君から金沢みやげをもらったのを思い出したので、食べてみることに。
もらったのはこれ。
CA330464.jpg

なんかお味噌汁らしい。
外装をといてみると、
CA330465.jpg

中にはこの二つが入っている。
なんで早速作ってみよう!
外装の作り方によると、
まず、「ふやきの真ん中に穴をあけて、」
CA330466.jpg

箸で穴を開けました。
次に、「付属の味噌とともにお椀に入れて、」
CA330468.jpg

味噌をお椀に。
CA330469.jpg

その上にふやきを乗せる。
最後に、「熱湯を注ぐとお味噌汁の出来上がり。」
CA330470.jpg

お湯を上から注ぎます。
ふをやわらかくなったらくずしてやると、
CA330471.jpg

できたー!!
さっそく食べてみた。
(゚Д゚)ウマー!!

最近のおみやげはすごいね。
うちの母親の味噌汁とはまた違った感じでよかったです。
母親の味噌汁も好きだけどね。
おいしいお土産をありがとうF君。
感謝感謝です。m(_ _)m
さて、少し前にAVR Studio4とAVR-GCCを組み合わせるという記事を書きましたが、
今日はその続きで、シュミレーターを使ってみましょう。
AVR_Studio5

すごい簡単で変なプログラムですが、説明なのでご了承を。
このプログラムの流れを説明しますと、
最初に、ポートAのビット0を入力ポートに、
ポートBのビット0を出力ポートに設定しています。
また、int型でwaitという変数を作っています。
そうしたら、while(1)で無限ループに入ります。
もし、ポートAのビット0にHighが入力されていれば、ポートBのビット0からHighを、
Lowが入力されていれば、Lowを出力します。
その後、For文で適度に時間を潰してから、またIf文に戻ります。

さて、このプログラムをシュミレーションして見ましょう。
まず、デバッグバーのStart Debugging(再生マーク)をクリックします。
すると、このような画面が現れます。
AVR_Stuido6

プログラムの横に矢印がでました。
これは、現在、プログラムのどこを実行しているかを示しています。
例えば、DDRA = 0x00;の横に矢印があったならば、
「次にこのDDRA = 0x00;を実行しますよ」という意味です。
次の行に進むには、F11を押します。
AVR_Studio7

さて、if文のところまでやってきました。
実際にDDRB = 0x01;が実行されたか見てみましょう。
ウインドウ右のI/O ViewというところのI/O PORTBをクリックしてください。
すると、右下に、PORTBのPORT、DDR、PINの状態が表示されます。
DDRを見てみると、ちゃんとビット0がHighになっていますね。
これでちゃんと実行されていることがわかります。

さて、次に変数を見てみましょう。
今回使用している変数は、waitだけです。
変数を見るためには、Debug WindowsのToggle Watch Windowsをクリックします。
すると、小さなウインドウが出てきます。
Nameの下の空いた枠をダブルクリックし、waitと変数名を入力します。
AVR_Studio9

ちゃんとwaitの変数の中が表示されましたね。
現在は0を代入してあるので、
0が表示されています。
変数の状態表示はこんなところです。

さて、最後に入力ですが、
実際にマイコンで動かしてないわけで、
入力することができません。
AVR_Studio12

これではif文でelseにしか行かず、ifの中がデバッグできません。
ですが、ちゃんと入力も試すことが出来ます。
先ほどのように、I/O ViewでポートAをクリックします。
右下のPINAのところのビット0の□をクリックします。
AVR_Studio10

このように■になったかと思います。
これで、擬似的にポートAのビット0にHighを入力している状態になります。
これでF11を押していくと、
AVR_Studio11

ちゃんとif文の中に入ります。

これだけ使えれば、簡単にデバッグすることが出来るはずです。
私もまだこのシュミレーションを使いこなせてないので、
この辺までしか書けませんが、
もう少し深く使ってみたいと思います。
どうですか?結構便利に思えてきたでしょう?
これでAVRをもっと便利に使うことが出来ますね。
それではこの辺で。
2007/03/29  11:23    Interface5月号を買ってきました
といっても、実際に買ったのは新潟市に行く朝なんですけどね。
今回はまた付属基板が付くということで、(SH2の時には買い忘れた。)
思い切って2冊も買いました。
今回付属していたのは、NEC製32ビットV850マイコンです。
まず思ったのは、「V850なんて知らないなぁ・・・。」ということ。
マイコンボードを簡単に説明しますと、
V850マイコン、USB-シリアル変換IC「CP2102」、3.3Vレギュレータ
が載っています。
購入者が必要なものは、いくつかありますが、
簡単に動かす程度ならば、2つの部品だけ自分ではんだ付けすればよさそうです。
USB端子と、2×3ピンのピンヘッダです。
つけた様子がこちら
V850

後は、基板上にあるチップLEDひとつと、
シリアル通信で、ある程度までなら遊べそうです。
まだ開発環境とかインストールしていないので、
そのうち遊んでみたいと思います。
2007/03/26  22:08    大会は終了しました
新潟市から帰ってきて、昨日は死んでて更新できなかったRAINです。
大会の結果はどうなったかといいますと、
11チーム中7位でした。
ちなみに、4戦中2勝2敗でした。
まあ残念といえば残念ですが、充分去年より進歩できたと思います。
なんせ、去年は8チーム中7位で0勝1引き分けだったんですから。
ちなみに、数えた結果、私のマシンは全試合、合計8本シュートを決めてくれました。
よくもまあ行く前日にマイコンが死んだのにこれだけシュートが入ったなと。
チームの相方のS君のマシンも、赤外線センサの不調で、
前日ホテルでの調整時にやっと直ったり、波乱万丈な2人組みでした。
一番残念なのは、うちの学校以外のチームの傾向が、
パワーでゴリ押しと重量級になってきていることです。
うちの学校以外のチームはサッカーロボ915の基板をそのまま使用し、
プログラムはタイルデザイナーで組んでいるところが多いです。
秋月のPIC-BASICらしき基板もありました。
結局、タイルデザイナーでは高度なプログラムは作れませんし、
動きが単純になってしまいます。
また、フィールドのコーナーなどにボールが行くとそこからロボットがボールをコーナーから出すという高度な動きなどはまったく出来ないみたいです。
それに比べてうちの学校ではみんなアセンブラかCでプログラミングし、
コーナーからボールも出すことが大抵のマシンは可能です。
これがうちの部活の技術があるというよいところなのですが、
やはり、力押しのマシンには勝てないのが現状です。
うちの学校のマシンが相手マシンにひっくり返されるという場面もありました。
これではサッカーというよりも相撲に近い気がしてなりません。
もっと重量制限を厳しくすべきではないでしょうか?
ちなみに、現在の重量制限は2.5Kgです。
せめて1.5Kgぐらいにならないんですかねぇ・・・。
挙句の果てに、審判の方よりもう少し重いマシンを作れませんか?
といわれたみたいです。
もうなんかあきれて言い返す言葉も見つかりません。
みんなちゃんとサッカーしようよロボットでさ。
なんか愚痴っちゃってましたね。ごめんなさい。
話を戻しましょう。
さて、大会も終わったので、マシンの画像でも載せましょうか。
こんな感じ。
マシン

これは、まだAVRで動かしてた全盛期の写真です。
まあ本戦ではメイン基板をもう一個H8用に作って乗せたんですけどね。
丸くて黒い円柱形のマシンです。
後に見えるのはモータドライバTA8440HQ*3です。
この黒い発泡エンビ板のしたには、電池や電源周りの基板、
一番下には、オムニホイールやIRセンサ、IRセンサ関係の基板が付いています。
去年のマシンに比べると格段に高性能になっています。
まあこんな感じです。
なんか部活の仲間にあれに似てると言われてしまいました。
円柱VAIO

円柱VAIO。(新潟駅ヨドバシカメラにて撮影)
みんなから「白くしろ」と言われたり・・・。
まあ黒のまま突き通しましたけどね。
また暇なときに詳しくロボットについては説明でもしたいと思います。

長々と話してしまいましたね。
でももっと話したいことがあるので、いったん切ります。
次の記事はBEMANIの話。
2007/03/24  22:41    大会前日です。
今、新潟駅近くのホテルから更新してます。
明日はいよいよ大会ですね。
なんとかH8も正常に動いてくれてるので、一安心。
後はどれだけ作りこんだプログラムを書けるかですね。
一夜で。
いやしかし、やっぱり新潟市はすごいですね。
自分の住んでいるところなんかまったく及びません。
しかも、新潟駅内にヨドバシがあるところ。
もう驚きです。

そういえば、TЁЯRAのWEBページで、
NAOKIがかむかむシリーズを集めてたのを思い出し、
駅近くのローソンでがんばってみた。
カムカムシリーズ

カムカムシリーズ4種類買ってみた。
なんせ、4つも並んでるから買うしかないと・・・。
うーん500円は正直きつかった。

それはおいといて、
これからプログラムを書きたいと思います。
また飽きたら更新するかもしれません。
では。
2007/03/24  20:36    今日の夕食
20070324203620
これはうまい
2007/03/24  01:03    最後の試練
今日の9時ごろから新潟市に行ってきます。
ついに大会ですね。

と行く前に、ご報告があります。
大会1日前にして、ATMEGA128がお亡くなりになりました。
ちなみに、予備はありません。
原因は不明です。
残念ながら、一日前にしてリタイアします。














なんて、そんなこと言ってられません!
マイコンが壊れてからの私の行動を示しますと、
午後4:00 ATMEGA128に書き込めなくなる。
午後4:30 ただただ呆然。部室へ走る。
午後5:00 ただただ呆然。部室でへこむ。どん底。リタイアを考える。
午後5:30 閃き覚醒する?メイン基板をH8用に作り変えはじめる。
午後6:00 すごい勢いで半田付け。
午後7:30 H8メイン基板がものすごい勢いで完成する。
午後8:00 書き込めない。
午後8:30 書き込めた。
午後9:00 PWMが出せた。
午後9:30 IR、タッチセンサ、方位センサの確認ができる。
午後10:00 メイン基板互換機完成!帰宅。

というようなことを行ったわけです。
自分でもよくわかりませんでしたが、
AVRを中心に作っていたメイン基板を、
新しい基板でH8用に作り変えた感じです。
ほかの部員はただただ驚くばかり。
マジでこんなにあせったのは入試以来かも。
明日出発なのにマイコンの故障なんて予想外にも程があります。
まあよくも5時間でマイコンを移植できたなと。
あとプログラムもAVRからH8用に移植しました。
基板は互換性があるので、残しておいたAVRメイン基板もそのまま使えますし、
新しく作ったH8メイン基板も使えます。
残念なところは、IRは時間とポート数の都合上、
H8基板では7つ中4つしか入力できません。
また、グレイスケールセンサも時間の都合上入力できません。
まあそんな感じで多少はしょぼくなりましたが、
なんとか間に合いました。

本当に残念なのは、AVRで大会に出場できなかったこと。
これからは予備はちゃんと買いたいと思いました。
明日は新潟市に行くのでそろそろ寝ます。
今日、本当にがんばったと思う自分に感謝。
そしておやすみなさい。
2007/03/23  00:14    ついに金曜日となりました
さて、金曜日になりました。
大会へ出発は明日です。
大会は明後日です。
マシンは一応完成しました。
今日はグレイスケールセンサを下層部下につけてテストしてみました。
後は、プログラムを書くだけです。
現在、まったくもってプログラムを書いていません。
いろいろとテストするプログラムはありますが、
試合を出来るようなプログラムはさすがに出来ていないわけです。
今日の昼間が最終日です。
なんとかプログラムを書きたいと思います。

なんせ忙しいです。
BLOGもなかなか更新できません。
明日も更新できるといいなぁ・・・。
2007/03/21  03:35    大会まであと3日
さて、本格的に近づいてきましたね。
今日(昨日か。)はずっとタッチセンサをマシンにつけて、回路を作って、
マイコンでタッチセンサを使えるようにしました。
これで、壁が検出できますね。
後は、グレイスケールセンサさえ出来れば、一応は完成かな?
時間があれば保持機構もつけます。(無理そうかな?)

そういえば、本日夜10時より校内試合をするそうです。
実際の大会の形式でやるそうなので、がんばりたいと思います。
問題はグレイスケールセンサが出来ていないところ。
どうしようかなぁ・・・。
方位センサでも付けようかなぁ・・・。
まあなんせ時間がない状態です。

更新は出来るだけがんばります。
ちなみに、校内試合は夜なので、明日は学校へ泊まる予定です。
明日はモブログかな?
お休みなさい。
2007/03/20  01:52    大会まで、後5日
大会が結構間近になってきました。
部活動中でも、
どん底なテンションの人や、
「間に合わない」と叫ぶ人や、
覚醒して、なにやらハイスピードで製作し始める人や、
現実逃避してゲームし始める人達や、
愚痴をこぼしてストレス解消する人達が見られるようになりました。
まあ人それぞれ個性的なマシンが多く見られて楽しいものです。

さて、本日?(もう昨日か・・。)の成果ですが、
タッチセンサを作りました。
午後中ずっと作ってました。
本当は床を見るセンサを作りたかったんですが、
優先度の高いタッチセンサを作ることにしました。
そして完成したのがこんな感じ?
タッチセンサ

どんな構造かと言いますと、
発泡エンビ板の上に、基板をホットボンドで貼り付けてあります。
基板上には、秋月で買った安売りのタクトスイッチが並列に2つ半田付けされており、
そこからコードが2本延びて端子がつけてあります。
また、発泡エンビ板から曲線を描くようにKPプレート?というやわらかい板を貼り付けてあります。
これで、どこを押されてもどちらかのタクトスイッチが反応しますし、
赤外線ボールが当たっても弱い衝撃であれば反応しません。
これはPKプレートの弾性力によるものです。
しかし、マシンが壁にぶつかった場合は、それなりの強い衝撃があるため反応します。
また、PKプレートはやわらかいため、多少の変形ならばまた元に戻ってくれるので、
なかなか破壊されることは少ないと思われます。
以上の利点を踏まえた上でこの形にしました。
まあ後はこれをマシンにつけるだけですね。
ちなみに、写真にはありませんが、これがあわせて5つ作ってあります。
正直、形が気持ち悪いです。
まあうまく動くといいと思います。
明日は、タッチセンサの取り付けと、フォトリフレクタの搭載をしたいと思います。
保持機構どうしようかなぁ・・・。
時間があればつけようかな?

そういえば、
今日、寮生が合宿している教室に行ってみると、
H8を使ってる人達が、BestTech製のGDLを使っていましたが、
なぜか、H8/3052を使ってる人達がBreak文が使えないと嘆いていました。
また、H8/3664を使ってる人がなぜかwhile(1)からbreakしていないのにループから抜けるという現象に悩まされていました。
その文章をルネサスのHewに入れてコンパイルすると、ループから抜け出すことはありませんでした。
うーん・・・。なんで何でしょうかね?
よくわかりません。
一応、Hewへの乗り換えか、GDLのいれなおしを進めておきました。
まあ私はAVR使ってますから関係ないですよね。


長々とすいませんでした。
お久にこんなにかいたなぁ・・・。
それでは今日はこの辺で。
お休みなさい。


P.S.
インダス

やっぱりインダス文明なのか?
2007/03/19  01:45    大会が近づいて参りました。
さて、大会まで一週間を切りました。
まだマシンは出来てません・・・。
昨日IRセンサを付けたので、赤外線ボールを追えるようになりました。
現在、保持機構と、タッチセンサをどうしようか構想中です。
まあ、あと一週間がんばりたいと思います。

最近忙しくて更新が遅くなってしまっています。
もう少しがんばっていきたいと思いますので、
どうかよろしくお願いします。

お詫びにネタ画像上げときます。
トリプルディスプレイ

今の時代はノーパソでもトリプルディスプレイできるんだね。
すごいもんだよF君。
2007/03/17  00:43    合宿4日目
さて、もう気づけば4日も合宿が始まってから過ぎていますね。
本日の作業は赤外線センサをひたすら付けていました。
なのに、完成せず・・・。
やっぱり横道にそれたりしてたからかなぁ?
まあ何とか間に合わせたいと思います。
明日は、できるチームで練習試合をするそうです。
まあまだ私のマシンはできていませんから・・・。
なんなら、PCでマシンを操って試合に乱入するとか・・・。
(↑さすがに卑怯か・・・。)
まあ赤外線センサさえ付けば、赤外線ボールは追えるはずです。

さて、マジで眠いわけですが、
最近生活リズムが見事に狂い、
疲れが取れず、なんか脱力感に襲われています。
軽い鬱状態?
まあそこまでひどいわけでは無いですが、
なんせ眠い。
今日もそろそろ寝ます。
お休み。


P.S.
学校の黒板に「インダス文明」って書いてあったのが気になった。
2007/03/15  23:33    合宿三日目
さて、やっと今日は家に帰ってきた訳ですが、
やっぱり、学校の合宿場所に泊まるのは恐ろしいですね。
みんな夜型みたいで、私は昼間型なもので、
夜はとても弱いです。12時過ぎると活動限界です。
結局、消灯は2時ぐらい?
お久にそんな遅くまで起きていたなぁ・・・。
まあ、たまにはそんなのもいいんですが、
問題は昼間眠気に襲われて、集中力と注意力が落ちていることです。
なんせ、部室に行くときにマシン落としたし・・・。

まあそれはさておき、
今日はマシンを特にいじらず、
プログラミング中心に活動してました。
今日の目標は、シリアル通信をすることです。
前に、ATMEGA128でPCでteratermを使って、
マイコンからPCに文字列を表示はさせたことがありましたが、
今回はその逆で、PCからマイコンに文字送信をやってみました。
プログラムは私が尊敬するs.h.logさんより、
ATmega168でUSART受信割り込み、シリアルエコーを参考にさせていただきました。
これは、ATMEGA168用なので、ATMEGA128用に書き換えてみると、
最後の割り込み文で警告を受ける。
なんか、ベクタ名が違っているようなので確認してみると、
見事に間違えてました。
ATMEGA168なら「SIG_USART_RECV」でいいのですが、
ATMEGA128では「SIG_UART1_RECV」になるそうです。
参考:avr-libc
そこを直してみると、
見事正常に動くことができました。
後は受信した文字をSwitch Caseで判断して、
条件分岐しました。
夕方には、シリアル通信でロボカップのマシンを操縦したりもできるようになりました。
うーん。今日は本当に知識はついた気がする。

しかし、眠い。
そろそろ活動限界かな?
それではまた。(_ _)ZZzz..
2007/03/14  21:49    合宿二日目
20070314214912
今日は寮生と一緒に学校に泊まってます。
ちょっとだけマシンの回路を載せときます。
2007/03/13  01:16    USBaspを試してみる。
さて、先日作ったUSBaspですが、
さっそくいろいろ試してみました。

まず、どんなマイコンに対応しているかですが、
ATtiny45・ATtiny2313・ATMEGA128と3つのマイコンで試してみましたが、
どれも認識することができました。
結局のところ、これも標準のAVRSPと同じく、
すべてソフトウェア制御だとすると、
AVRSPX次第ってことなんですかね?きっと。

次に、気になる速度ですが、
はっきり言って驚きました!
なぜかというと、ELMさんのCOMライタとほぼ同等の速度だからです。
普通に書き込みは1秒もかかりません。
USB-シリアル変換ケーブル+COMライタは2分もかかったんですから、
COMライタと同等な速度が出れば、もう申し分ありません。

このUSBaspの利点としては、
アクセスランプがあることが挙げられます。
なんかアクセスランプがあると、カッコイイですしね。
また、もうひとつのLEDは電源ランプらしいです。

まあ上記で挙げた感じで、
とても使えるということがわかります。
シリアルポートがパソコンにないPCをお使いの方はぜひ作ってみては?
これは本当に使えます。


さて、話題は変わりますが、
明日から合宿です!
って言っても、通生は普通ですが、寮生は学校に泊まります。
私は通生なので、特に変化はありませんが、
まあにぎやかになることは間違いないでしょう。
ロボカップのマシンも少しずつ形にはなってきています。
後は、間に合えばいいんですけどね。
あと北信越大会まで2週間ありません。
がんばって行きたいと思います。


P.S.
ATMEGA128でPWMでも出したいな・・・。
2007/03/11  13:25    USBaspキタ--(゜∀゜)--
20070311132507
ネットで見る限り、最小サイズかもしれない。
ちゃんと動作も確認済。
速度も十分出ます。
2007/03/11  11:16    ATMEGA48&168キタ━(゚∀゚)━ !!!!
ATMEGA48&168

やっと届いた。
さて、部室に行ってUSBaspでも完成させようかな?
最近ごちゃごちゃしてきてたので、
整理してみました。

まず、ファビコンを入れてみました。
見ての通り「雨」マークです。
なんせハンドルネームがRAINなものですから・・・。
そのまんまです。

次に、リンクを追加、整理しました。
FC2標準のリンクはいろいろとカスタマイズできないので、
フリースペースを使って、自分でタグでリンクを作ってみました。
FC2標準のリンクではできなかった、
ポインタを乗せることでの説明文を表示できるようになりました。
これで少しはわかりやすくなったかな?


しかし、今日は結局マイコンが届きませんでした。
せっかく、USBasp作れると思ったんですが・・・。
明日には届きそうなんでお楽しみに!
では今日はこの辺で。
お休みなさい。(_ _)ZZzz..
題名の通り増えています。
最初に買ったのは、ATtiny45*2でしたが、
ATtiny2313*2とATMEGA128を秋月で注文し、
今度は、ATMEGA48*4と168*2をマルツで注文してみました。
確か午前中に時間指定したはずなんだけど・・・。
こない・・・(泣)
なんで?
昨日のうちに発送したってメール着たのに・・・。
と午前中が見事に家で待機していてなくなってしまったわけですが、
うーんもう1時なのにこない・・・。
今日はやっぱり来ないのか・・・。

現在、ATMEGA48でUSBaspを作ってみようと思ってます。
そうすれば、メインのノートパソコンで書き込めるようになるはずです。
さすがにELM-COMライタは小さくていいんですが、
シリアルポートがないPCだと使えないのは結構痛いです。
ちなみに、秋月製USB-シリアル変換ケーブルで変換し、
COMライタを先につけて、avrsp改を使って書き込んでみましたが、
通常1秒もかからないのに、2分ぐらいかかりました・・・。
さすがにこれでは実用性は見出せません・・・。
なので、ELMさんの汎用SPIブリッジかUSBaspと悩んだんですが、
avrspxができたこともあり、
部品数が少ないUSBaspを作ってみようと思います。
まあATMEGA48が届かないんで作れませんが・・・。

完成したらBLOGに載せようと考えてます。
最近、風の噂でAVR Studio4でAVR-GCCを扱えるということを聞いたので、早速やってみた。

まず。AVR-GCCとAVR Studio4をインストールする。
最新版の情報+ダウンロードはAVR Wikiを参照のこと。
まあ早速AVR Studioを起動してみると、
AVR_Studio1

という画面が出てきたことでしょう。
現在、Recent projectsにprojectがありますが、初回起動時にはありません。
まずは、ダイアログ内上方のNew Projectボタンをクリック。
AVR_Studio2

するとこの画面に切り替わります。
ここで驚くのが、ちゃんとProject typeにAVR GCCの項目が追加されていることです。
今回は、AVR StudioでC言語を書くことが目的なので、AVR GCCを選択します。
もし、アセンブラで書きたいのなら、Atmel AVR Assemblerで書くことが可能です。
Project nameはお好きな名前で。
Initial fileもお好きな名前で。main.cなどが妥当でしょう。
Locationはそのプロジェクトをどこに保存するかなので、
自分で保存したいフォルダを指定します。
そしてNextボタンをクリック。
AVR_Studio3

この画面になります。
Debug platformは今回はAVR Simulatorを選択。
Deviceは自分の使用するAVRマイコンの型番を指定。
今回は試しにATMEGA128を選択しました。
そしてFinishをクリックして初期設定は終わりです。
AVR_Studio4

そしてこのような画面が出てくるはずです。
あとは真ん中のEdit部分でプログラムをC言語で書くだけです。
プログラムができたらBuild(F7)してみます。
下のMessageに結果が出てくるはずです。
エラーがなければOKです。
後は、ELMライターなどでHEXファイルを書き込むだけです。

まあ簡単でしょう。
今まで、makefileを作ってmakeコマンドでコンパイルしていたのを、
そのまま開発環境でできるようになった感じですね。
しかし、これではそれほどエディタで書いて、
makeコマンドでコンパイルするのと変わらないという感じですが、
AVR Studioを使う利点として、
シュミレーションができるところです。

と今日も忙しいので、シュミレーションのやり方はまた次回で。
まあこれでAVR StudioでAVR GCCが使えますね。
便利になったものです。
さて今日から春休みです。
今年は再試がないのでゆうゆうとロボットが作れます。
で、ロボカップ復帰の話ですが、(前記事参照)
チームが決まりました。
といっても、結構ぎりぎりでしたけどね。
チーム名は「縹の夜空」になりました~♪
チームは私と同じ学年のS君です。
なんせ、テスト期間中はまったくもってロボットを作っていないので、
部活内の他のチームの人よりもかなり遅れてます。
まあ何とか間に合わせたいと思います。

今回のマシンのコンセプトは、
「リサイクル&ニュークオリティ」です。
なんせ、すでに遅れているので、
去年のマシンの部品をかき集めて、今回はリサイクルする予定です。
また、去年から今年にかけて学んだ技術を総動員して、
去年のマシンを越えるマシンを作りたいと思います。
例えば、去年はマイコンがH8TinyのH8/3664でしたが、
今年は、AVRのATMEGA128になったり、
IRセンサが増えたり。
まあそれ以上いうと、ロボカップのマシンの情報漏洩なので、
大会で不利になるといやなので、大会終わったら詳しく書きます。

まあ、大会があるんでドットマトリクスLEDとか圧電スピーカーとかは
ちょっとの間休憩かな?
あと、WEBページも、もう少しの間は更新できませんが、
ご了承とご理解のほどをよろしくお願いします。m(_ _)m
まあ、時間があれば更新したいなぁ・・・。(無理だな・・・。)
BLOGはできるだけ書きます。
楽しいし、自分の記録にもなりますからね。
がんばります。

では今日はこの辺で。



P.S.
今日もゲーセンに行ってきました。
やっぱりDoLLいい曲だね。ついにBが出ました!
やったね!
今日の部活の帰りの時に、
Y先輩と私とY後輩で話をしたわけです。
私が「今日も北斗七星が綺麗だね」というと、
二人は「どこどこ?」と探しているわけです。
場所を指差すと、Y後輩はかすかに見える、
Y先輩は、「真っ暗で見えない」と返答がありました。
私は遠視なので、よく星が見えるのですが、
もし、星が見えなくなったならば、それはとても悲しい事だと思います。
最近の学校からの帰り道の楽しみというと、
音楽を聴きながら、夜空を眺めることです。
学校から帰る時はちょうど今はオリオン座の方角なので、
よくオリオン座を見て帰ります。
オリオンあたりの星をみると砂時計の形が目立ちますが、
実際に目を凝らしてみると、強く光る星の横にも弱く光る星が何個か発見できます。
このように星座には多くの発見があるものです。
しかし、もし星が見えなくなったら、
この帰りの楽しみは減ってしまいます。
そんなことを考えるとこう思います。
「今、大空の星がみえることに感謝しよう」と。

なんか最後は語り口調になってしまいましたね。
まあ星は見えるほうが断然いいですよ。
目が悪くなるのはいやですよね。
まあゲームやパソコンのしすぎには注意したいと思います。

あと、朗報ですが、
やっぱりロボカップ出れるかもしれません。
なんせ、進級できました~!!やったね!\(゜∀\)(/∀゜)/
これで長かった1年生の生活ともおさらばです。
といわけで、またロボットを今日から作り始めたわけですが、
やっぱり大会はいいですよね。わくわくします。
大会はあと2週間ちょっとです。
がんばって動くマシンを作りたいと思います。
という訳で、なんと昼間を合わせて3回目の更新です。
なんでこんなに更新するかというと、
英語Bが再試になってなくて、うかれてるからです。

まあそれはさて置き、
テストが終わったので、前に予告した通り、
先月注文しておいた、ドットマトリクスLEDを試してみました。
ドットマトリクスLED1

回路は、私にドットマトリクスLED熱を灯した、
LED Game for AVRの方の回路図を参考にさせていただきました。
74HC595辺りはそのまま使い、ドットマトリクスLEDへの接続を、
秋月で購入した16×16ドットマトリクスLEDに合わせて変更しました。
回路図には無かったですが、74HC595*4にパスコンを追加しました。
また、VCCとGND間に330uFの電解コンデンサも一応付けておきました。
さらに、今回は5Vで動かすこと前提なので、
ドットマトリクスLEDのアノード側16本と74HC595*2の間に1KΩの抵抗を追加しました。
DATA CLOCK LATCHは前に変換基板で使えるようにしたATMEGA128のポートDのBIT5,6,7に接続しています。
そんな感じですかね。
参考になるかは不明ですが、一応プログラムはこちら→プログラム
BLOGに掲載する際に、.txtにしてあるので、main.cなどに直してから使用ください。
何か、間違え・感想などあったらコメントください。
また、全体表示はプログラムができてないのでやっていません。
完成したら結果を書きたいと思います。

まあ今日はこの辺で。
おやすみなさい。(_ _)ZZzz..
昨日テスト返しが終わって一息ついている今日この頃ですが、
一応、今のところ再試教科はありません。
そしてうれしいのは、なんと、
「英語Bで再試にならなかった~!!」
ってことです。
一番心配していたものだったので、本当に一安心です。
後心配なのは、英語Aと数学Bかな?
数学Aは得意なんですけど、数学Bはなぜかだめで・・・。
きっと大丈夫と信じてます。
英語Aは・・・40点以上なら、大丈夫なはず・・・。

まあそんな不安はさておき、
昨日とってもテスト返しがつまらないので、
いろいろと書いてました。
机に落書きとか・・・。
落書き1

零 -ZERO-いい曲だよね~
あとこれ
落書き2

暇つぶしに書いてみた。
携帯のバーコードリーダーで読めるか試したけれども読めなかった・・・。
ちなみに、並びはアバウトです。
まあ読めたら奇跡でしたけどね。
この土日は部活動三昧したいと思います。

それではこの辺で。
2007/03/02  00:56    またBEMANI GOLDやってきた。
今日も終業式と大掃除で半日だったので、
午後は部活の先輩達とゲーセンに行ってきました。
なぜか今日は音ゲー人口がいつもよりも格段に多く、
(今日は平日ですけど?なんで?)
なかなかBEMANIできませんでした。
空くまでDDRやったりね。
今日の成果としては、
CROSSROADのRightStory聞けました~!!
しかも、その勢いで、初CROSSROADクリア~!
LeftStoryの時は落ちたのに、RightStoryはできた!何でだろう?
あと、最近DoLLが普通にクリアできるようになってきた。
(と言っても、Easyとか5鍵とかオートスクラッチとかまだ入れてるけどね)
まあ一応、成長が目に見えるのがとてもうれしいです!
この勢いでもっと上達できたらなぁ・・・。
ゲーセンでやってるほかの人みんなうまいんだもん・・・。
まあ練習あるのみです。

そういえばもう3月ですね。
進級できるといいな・・・。
お休みなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。