--/--/--  --:--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/27  07:27    文化祭が終わって
やっと忙しかった文化祭が終わりました。
本日は片付けです。
更新ができなかったのは文化祭があったためですのでご了承を・・・。

文化祭では私のクラスはピンボールを出展していました。
私は主にLEDによる装飾関係を担当していました。
綺麗に光っていてよかったと思います。
パソコンとマイコンの通信がうまくいかなかったり、いろいろ問題はでましたが、
何とか乗り切れたようでよかったと思います。

HIDaspxのほうも1022aがすでに出ているようで・・・。
忙しくて更新できずまだ私のHIDaspxはver1014aですorz
更新スピードに驚かされるばかりですね。
できるだけ早く最新版のほうを試してみたいと思います。

ちなみに、今回の文化祭でちょっとデバッグで
びんずめさんのところにあるHIDaspxを使ったprintfを試してみました。
なかなか便利ですね!
ライタ一つでプログラムを書いたり、そのままパソコンに文字送信したりしてデバッグまでできてしまうと、本当に便利です。
もう少しそちらのほうも試してみたいと思います。
スポンサーサイト
2008/09/29  22:30    テスト終了!
テスト終了!って言っても実は先週の木曜で終わりだったんですけどね・・・。

現在、とりあえずでWEBページをあげていたので、ちゃんとしたページを作りなおしたりしてます。
なので、各内容への直リンクしてある場合はリンクが切れる可能性があります。
リンクを貼る場合はWEBページのトップページへリンクのほどお願いします。
またあわせてバナーも作り直そうかと思います。

テストも終わったのでそろそろ秋月とDigikey注文したいと思います。
ロボコンも近いみたいなので、液晶のほうはやっていられるかわかりませんが・・・。
なんとも忙しい毎日です(>ω<*)
2007/06/15  21:17    テストが終わりました
やっと長かったテストの一週間が終わりました。
結果は聞かないでください><
これでやっと部活やFEZができるw

本日の部活ではテスト前には荷物が届いていましたが、製作できなかった、
「ステップアップステップダウンDC-DCコンバータ」の周辺回路を作りました。
これは、1.8V~6.2Vまでの電圧をINに入れますと、
OUTから自分の好きな電圧を出すことができるというものです。
まあ出せる電圧に範囲はありますけどね。
今回は、部活でもよく使う5Vを出してみることにします。
ちなみにこのDC-DCコンバータは秋月で300円で購入できます。
ただし、多少周辺回路で必要になる部品が数個あります。
周辺回路で必要なのは、抵抗(VRも含む)・コイル・コンデンサです。
コンバータを購入すると付属の説明書に必要な部品は記載済みなので確認してください。
今回使うのは可変型なので、5Vを出すためには少々計算しなくてはなりません。
出力側には2つの抵抗が必要となります。
R2は10K~50KΩなので10KΩにしました。なぜかといえば、身近にあったからw
すると、説明書に書いてある式に値を代入すれば、R1を求めることができます。
R2を10KΩとし、出力電圧を5Vとすると、R1は計算結果、240KΩとなりました。
しかし、これは計算上の値であり、多少誤差がでます。
なので、今回はR1を500KΩの可変抵抗(VR)とし、値を240KΩの辺りに合わせ、
実際に電源を繋いで微調整を行いました。
繋いで見ると、4.9VぐらいなのでVRを少し調整すると、5Vになりました。
その後、繋いだ電源がエリミネータ電源だったので、
1.8V~6.2Vまで入力電圧を可変してみましたが、
見事5Vを出すことができました。(ただし、ほんの±0.05Vぐらいの誤差は生じました)
出せる電流は200mAらしいので、マイコンは十分動かせるはずです。
まだ試してはいませんが、またこんどやってみます。

今日の部活はこんなところでしょうか?
この土日はゆっくりしたいです。はい。
では~
2007/06/11  19:39    明日から・・・
明日から地獄の4日間がはじまります。
なんと言ってもテストですね。はいw
もうくるところまで来てしまいました。
なので本日より一夜漬けモードテストモードに移行しますw
今まで勉強してないのはご愛嬌(ぉぃぉぃw
明日は日本史と線形代数だったはず・・・
線形はどうにかするとして、日本史がやばいです。
範囲広すぎだし、旧行政区分も覚えなきゃいけないし・・・
といいつつBLOG書いている自分がいるorz
本当にテストから逃げに逃げましたからもう後がありません。
さて現実と向き合うこととしましょうか。

そういえばWILLCOMからAdvanced/W-ZERO3[es]が発表されましたね。
自分はあーうーですが、これはぜひ買いたいですw
あとは親の許可さえ出れば・・・無理かorz
今年の春のあーうーの機種は不発だった気がします自分的には。
ほしいと思うものが見当たりませんし・・・
○○○茸のメーカーは薄いのを出してきましたね。
あれは結構惹かれますが、機能が伴っているのか心配です。
予想外ですのメーカーは・・・よくわかりません。
やっぱりWILLCOMいいなぁ・・・変えたいなぁ・・・
そんな風に思う日々です。

あと、PCですが、やっぱり富士通のBIBLOのMGがいいですねw
今使っているノートPCの後継機にあたりますが、性能が本当によさげです。
Core2Duo2.0GHzにメモリ2GとHDD120GBです。
そこにワンセグチューナーやら補助バッテリーやらをつけて割引キャンペーンを使うと、
なんと22万ぐらいで相当なスペックのノートPCが手に入るわけですよw
ってこんだけ宣伝してもお金ないので買えませんがね・・・orz

ああ・・・PCがほしいなぁ・・・
っとそろそろ現実と向き合うとします
では~
2007/03/13  01:16    USBaspを試してみる。
さて、先日作ったUSBaspですが、
さっそくいろいろ試してみました。

まず、どんなマイコンに対応しているかですが、
ATtiny45・ATtiny2313・ATMEGA128と3つのマイコンで試してみましたが、
どれも認識することができました。
結局のところ、これも標準のAVRSPと同じく、
すべてソフトウェア制御だとすると、
AVRSPX次第ってことなんですかね?きっと。

次に、気になる速度ですが、
はっきり言って驚きました!
なぜかというと、ELMさんのCOMライタとほぼ同等の速度だからです。
普通に書き込みは1秒もかかりません。
USB-シリアル変換ケーブル+COMライタは2分もかかったんですから、
COMライタと同等な速度が出れば、もう申し分ありません。

このUSBaspの利点としては、
アクセスランプがあることが挙げられます。
なんかアクセスランプがあると、カッコイイですしね。
また、もうひとつのLEDは電源ランプらしいです。

まあ上記で挙げた感じで、
とても使えるということがわかります。
シリアルポートがパソコンにないPCをお使いの方はぜひ作ってみては?
これは本当に使えます。


さて、話題は変わりますが、
明日から合宿です!
って言っても、通生は普通ですが、寮生は学校に泊まります。
私は通生なので、特に変化はありませんが、
まあにぎやかになることは間違いないでしょう。
ロボカップのマシンも少しずつ形にはなってきています。
後は、間に合えばいいんですけどね。
あと北信越大会まで2週間ありません。
がんばって行きたいと思います。


P.S.
ATMEGA128でPWMでも出したいな・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。